wine

1/13ページ

Mon Eurydice 2016 / La Coulee d’Ambrosia

  • 2022.11.26

シュナン 樹齢20年と45年。ダイレクトプレス。オリオニードの古樽で24ヶ月発酵熟成。 産膜をさけて2回のウイヤージュ。 開けてグラスに注いだ瞬間は微かに酸化熟成に似た?雰囲気の香りを感じたが 尋常じゃないオーラを感じ すぐロブマイヤーに移し替えて香りを嗅ぐと アプリコットや、りんごを煮詰めたような香りと糖や蜜の香りがふわり ロブマイヤー持っててよかった、、より香りが豊かに感じる。 糖蜜、煮詰めた […]

Panier de Fruits 2018 / La Coulee d’Ambrosia

  • 2022.11.26

シュナン。全房プレス。 自分がワインを一生の仕事にしたいと思ったきっかけになった生産者の1人。 アンジュの生産者たちはやっぱり最高。 このワインも僕の最高に好きな仕上がり。 朝露のついた葡萄を畑で積んでそのまま齧っているイメージが沸く。 液体なのに果肉感。 葡萄の甘さを含ませつつ、酸とミネラルがきれいに続くので 次々飲んでしまいそう。 泣けそうなくらい美味しい。 悩んだ末にワインづくりから離れたと […]

Grolleau Noir 2020 / Elements

  • 2022.11.26

グロロー。3週間のマセ。フリーランとプレスをブレンド。 アンジュの新しい生産者で パトリックデプラの近くに畑を買ったそう。 だからってわけじゃないけど ヴォンイトゥルヌの14年あたりのような雰囲気を、感じる気がする。 タンニンはカシッと硬質で酸とのまとまりも出てないけど 葡萄の皮を噛みしだいているような渋みと味わい。 今の所とにかく渋いけど なんか魅力がある。 2日目の方がまだこなれるけど、ほんの […]

Little Bastard 2021 / Jan Mattias Klein

  • 2022.11.26

リーズリング65、ソーヴィニヨンブラン25、ミュラードゥルガウ10、ミュスカ5 ぱっと飲んだら、レモンサワーの炭酸抜き。 すっぱ美味しい。 すっぱさに口が慣れると 葡萄の甘味を感じられる。 ちょっと水っぽさはあるけど、それはそれで軽快な感じかも。 開けたてより2日目の方が味がまとまってすきです。

Ploussy Riot 2020 / Maxim Lannay

  • 2022.11.26

プールサール 2週間のマセラシオン(下から除梗、全房、除梗の順に重ねる) グラスファイバータンクで熟成。 開けたてからプールサールぽいけどなんだか心を開いてない感じ。 何度も探ってみると、奥に果実味があるけど 枯葉みたいなスモークが掛かったようなプールサールらしいニュアンスが前に出ているからわかりづらく、、 現在2日目。瓶底だけ残しておいて飲んでみた。 すると、昨日より確実に柔らかくなっている。 […]

Atikete 2019 / Jordi Llorens

  • 2022.11.21

カベルネソーヴィニヨン、ガルナッチャ、マカベオ(15年平均) 3品種を醸したあと、デブルバージュで上澄のキレイなジュースを18ヶ月アンフォラで発酵熟成。 去年初めて飲んで衝撃をうけたジョルディロレンス。 今回のリリースのワインもどれも全部うまい。 彼のワインは濃厚で密度が高いのにとても柔らかく優しい。 濃くて疲れないワイン。 めちゃくちゃ好きです。 今回のリリースは赤2種白1種 もう一つの赤、20 […]

#4 2021 / Joyeux Bordel

  • 2022.11.17

カリニャン、石灰質土壌。 私的に密かに(?)大注目の生産者 Alixさん。 今回入ってきたのはカリニャン。 タンニンは控えめな方だと思うけど これでもか!!   ってくらいに 葡萄のエキスがぐんぐんに詰まってる。 詰まりすぎてダークマター(?) 口に含んだ最初の印象は 黒い塊。的な だけど、 飲み込んだ次の瞬間から 口の中に葡萄のエキスが大量に押し寄せる。 口の容積が足りないと思えるくらい。 南仏 […]

Printemps 2021 / Simon Busser

  • 2022.11.17

マルベック、メルロー、タナ。 粘土珪質土壌樹齢30年。コンクリートタンクで1ヶ月のマセラシオン。 その後コンクリートタンクと600Lの樽で12ヶ月熟成。 近年のシモンのワインはマジで美味しい。(僕の好みという意味で) 香りから既にうまそう。 あけて、グラス注いで鼻近づけた瞬間 「あ、これうまいやつやん」ってなる。 ブルーベリーとかカシスみたいな紫系の感じもあるし 赤い果実の感じもある。 そして、香 […]

Saveurs 20&21 / Christian Binner

  • 2022.11.17

ピノブラン、リーズリング、オーセロワ主体。シャスラ、シルヴァネール、ミュスカ。 ダイレクトプレス。100年以上のフードルで7ヶ月発酵熟成した20年、21年を混ぜてまた熟成。無濾過無清澄。 14%アルコール。 熟れた柑橘、金柑。ほんのり蜜。 アルコール感は強くない。その代わり味わいに厚みがあり、ややボリューミー けど、味わいの熟度に比べフレッシュな果汁の様な酸味と、少しの苦味が 厚ぼったくないバラン […]

Am’Gay 2020 / MQV

  • 2022.11.12

ガメイ。 色は透明感あって軽そうに見えるけど 香りも味わいもかなりの密度。 口の中の中央だけでワインを飲むと、凝縮感あるワインを鉄っぽく感じてしまうことがあるみたいで   舌の端までワインを広げて飲むと 葡萄のエキスを煮詰めたような旨味がたちが上がり ドライレーズンのような風味が口に広がる。 タンニンは控えめなのだけど パワフルなエキスを感じる。 ハチミツのような味わいも感じるくらい、充実した果実 […]

1 13